しゅふクリ・ママクリ

MENU

■朝日新聞社が「働く」と「子育て」を考えるイベント「WORKO!」実施■

■朝日新聞社が「働く」と「子育て」を考えるイベント「WORKO!」実施■

株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)は全社横断的に女性プロジェクトチームを発足させ、女性に関するさまざまな社会課題をともに考え、解決の一歩を踏み出すことを目指しています。そのひとつとして、メディアビジネス局と総合プロデュース室は「『働く』と『子育て』のこれからを考える「WORKO!」というプロジェクトを発足させました。

朝日新聞社が「働く」と「子育て」を考えるイベント「WORKO!」実施
保活、働き方、夫婦・・子育て世代の悩みを共に考え、発信します

 株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)は全社横断的に女性プロジェクトチームを発足させ、女性に関するさまざまな社会課題をともに考え、解決の一歩を踏み出すことを目指しています。そのひとつとして、メディアビジネス局と総合プロデュース室は「『働く』と『子育て』のこれからを考える「WORKO!」というプロジェクトを発足させました。


 「WORKO!」プロジェクトの第1弾として11月6日(日)に、東京・日本橋の「日本橋YUITO 野村コンファレンスプラザ日本橋5・6F」で「WORKO!2016」イベントを開きます。多くの女性が子育てをしながら働きたいと願いつつも、まだ多くの〝壁〟があります。イベントではこうした〝壁(課題)〟に対して、どんな解決策があるのか、「分かち合える」「学べる」「実践できる」をキーワードに、著名人や専門家をまじえて話すトークショーや、共働きの家族がより家事育児の負担をなくせるようなセミナー、数多くの体験ブースなど展開します。


 当日は保坂展人世田谷区長らを招いて討論する「保活大会議」や、放送作家の鈴木おさむさんと鈴木英敬三重県知事の対談「イクメンのリアル」、人気お笑い芸人を招いての夫婦のコミュニケーションを考えるトークショーほか、家計や子どもの教育、再就職、家事を考えるセミナーやブースを予定しています。また、イベント会場から参加者の意見を発信するためにtwitter社と連携、子育て世代の〝声〟を幅広く社会に発信していく予定です。

■朝日新聞デジタル内「WORKO!」特設サイト
http://www.asahi.com/ad/worko/

 

お問い合わせ先
朝日新聞東京本社メディアビジネス局 メディアビジネス第4部 竹林幸司
TEL03-5540-7595/FAX03-5540-7760
朝日新聞社総合プロデュース室 浜田敬子
TEL03-5540-7761/FAX03-3248-0939
 

>ほかの ニュース はこちら