しゅふクリ・ママクリ

MENU

「時短勤務」という選択肢【後編:時短で働いているママライター】—クリエイターズグループMAC

今回は、パナソニックグループのクリエイターズグループMACを訪問しました。同社は、昨年から「時短勤務」という働き方を採用しています。「時短勤務を採用した側」と「時短で働いているママライター」に、それぞれの視点から時短勤務について話を伺いました。今回は、「時短で働いているママライター」として、サエコさん(仮名)に登場いただきます。サエコさんは、同社のWebチームに所属しコピーライターとして就業しています。主にWebサイトのコピーワークを中心に、取材のテープ起こしや文字校閲などの業務を担当しています。

>「時短勤務」という選択肢【前編:時短勤務を採用した側】はこちら



サエコさんのこれまでのご経歴を教えていただけますか。

私はもともと音楽がすごく好きで、CDショップで働いたのがキャリアの始まりです。ライターに興味を持ったのは、店舗の販売促進の一環で、手書きのフリーペーパーをつくったのがきっかけです。その時に書くことの楽しさを感じて、本格的に書く仕事がしたいと思うようになりました。その後、出版社に転職し、エンタメ系雑誌の編集を担当していましたが、転職して3年が経ったタイミングで周りからの勧めもあって、フリーランスへ転向しました。私の編集者としてのベースは、この3年で培われたと思います。フリーランスになってからは15年以上経ちますが、おかげさまで、周りの方々とのつながりの中で順調に仕事をしています。


結婚、出産を経て働き方は変わりましたか?

そうですね。優先順位としてはやっぱり子どもが一番になりますから、仕事のやり方を変えざるを得ない状況になりました。

フリーランスだと産休はもちろんありません。0歳時から入れる保育園を探して、運良く預けることができましたが、保育料が高くって。でもフリーランスという不安もあるし、働かなきゃと思って追われるように仕事をしていました。周りから見れば順調に仕事もやっていたように見えたかもしれませんが。

子どもが小学校へ入学すると、今度は、学童問題というものが出てくるんですね。最近では、保育園の待機児童問題がメディアで取り上げられていますけど、実は小学校の学童保育へ入れない子もたくさんいて、それが働いている女性にとっては壁になってしまうんです。うちの場合、学童保育には入れたのですが、環境が変わったことで子どもが不安定になってしまって。保育園の時は朝から夜8時半まで預けて働いていましたが、学童だと先生もひとりひとりに目をかけるのが難しいようで、子どもが寂しさを感じてしまったみたいです。そばにいてあげなきゃいけない時期なんだなとすごく感じました。

また、小学生になると、宿題の丸つけなど親がケアしなきゃいけないことも多くなります。加えて仕事も家事もとやっていると、どうしてもイライラしてしまって、それを子どもも感じて不安になる。そんな状態の中で限界を感じて、思い切って仕事を減らしました。


大きな決断だったんですね。そのなかで派遣という選択肢を考え始めたのはいつ頃ですか?

フリーランスのお仕事なので、断り続けると仕事はどんどん減っていくんですね。生活していけなくはなかったのですが、子どもが成長して手がかからなくなった時に、仕事がないのは怖いと思ったんです。

その頃、知人からマスメディアンを紹介してもらって、当初は「正社員」とか「安定性」を考えてご相談していたのですが、「フリーランスの仕事をしながら、派遣で週に数日働いている人もいますよ。」という話を伺いました。私は派遣のいろはも知らなかったんですけど、そういう働き方があるのであれば、一度やってみようかな、という気持ちでクリエイターズグループMACに応募しました。


派遣で就業するようになって、生活は変わりましたか?

派遣では週2日をベースに、10時から17時まで働いています。派遣の仕事がない日は、子どもが学校に行った後から18時まで、フリーランスの仕事をしながら、家事もやっています。

派遣は、10時から17時ときっちり時間が決まっていて確実に帰れるのが魅力です。また安定した収入が得られるとわかっているので、がむしゃらにフリーランスの仕事を引き受けるのではなく、落ち着いて仕事をセレクトできる。今はいいペースで働けていると思います。


その他に、派遣で働いて良かったことはありますか?

コピーライティングは、普段やっている編集やライターの仕事とは書き方が違ってとても面白いです。新しい書き方に今になって挑戦させてもらっています。コピーでは、切り口や目線が必要です。今までコピーライティングがどういうものかを正直知らなかったので、それを教わりながら少しでもやらせてもらえるのは楽しいです。

また、私のこれまでのスキルを活かせていて、社員のみなさんに喜んでいただけるのも嬉しいです。みなさんいい人ばかりで、すごく居心地がよいです。派遣で就業して1年経ちますが、恵まれた環境にとても感謝しています。


結婚や出産後も働くことを選んだ一番の理由は何でしょう?

経済的な事情もありますけど、一番の理由はやっぱりこの仕事が好きだからです。子育てしながらで、辛い時期もありましたが、何とかここまでやってきたので、今後も可能な限り続けていきたいと思っています。


お子さんはサエコさんが仕事をしていることをどのように思われているんですか?

一人っ子で甘えん坊の息子ですが、小学校に上がった時期に寂しい思いをさせていた実感があって、その時に仕事をやめることも考えました。でも息子に聞くと、「お母さんが仕事をやめるとディズニーランド行けなくなるからやめないでくれ」って言われたんです。「そこか?」と思ったんですけど(笑)、「お母さんは仕事が大好きなんでしょう? だからやめないで!」と……、「君にも負担がかかるよ?」と聞いたら、「大丈夫、頑張って!」と、「じゃあ、頑張る!」ということになりました。息子は、お母さんが働かないと好きなことができなくなるっていうリアルな面と、お仕事楽しそうだなっていう面の両方を見てくれているんだと思います。


お子さんと密にコミュニケーションを取っているんですね。

息子のことはあまり子ども扱いせずに話をするようにしています。派遣のことも息子に相談しました。


良い親子関係ですね。ご主人や周りの方との協力体制はいかがでしょうか?

主人の帰りが早いときにはご飯をつくってもらったり、お互いの実家に頼ったりと、自分一人で頑張っているわけではありません。私は、周りの協力体制にすごく恵まれていると思います。


最後に、同じように子育てをしながら働いているママクリエイターへひとことお願いします。

私も最初は派遣という働き方がうまくいくとは思っていなかったのですが、とりあえず自分の希望や条件をいろいろ相談してみて、結果、今すごくいい環境でお仕事をさせてもらっています。

フリーだけでこの仕事をするのは子どもがいれば時間も限られてくるし、経済的な理由もあってなかなか難しいと思います。全く別の職種で正社員を目指すのもひとつの選択肢ですが、本当に好きで続けたい気持ちがある方は、あきらめる前にまず一度相談してみると良いと思います。


>「時短勤務」という選択肢【前編:時短勤務を採用した側】はこちら
>ほかの SPECIAL INTERVIEW -インタビュー- はこちら
>しゅふクリ・ママクリとは?


※2016年10月に取材した内容を掲載しています。