しゅふクリ・ママクリ

キャリアコンサルタントに相談する
MENU

映像ディレクターのワーママが、現状を受け入れるまで vol.1

会社に所属するのではなく、個人の「舟越響子」として、マネージャーつきでお仕事をする舟越さん。今回は、映像業界における子育て環境や、CMディレクターとしてのワーママの働き方など、他ではなかなかお目にかかれない、貴重なお話を聞いてみました。

仕事に関わる全ての人が応援してくれる

お子さんが生まれる前はどういった仕事のスタイルだったんですか。 夜も遅いイメージですが。

 昼も夜も関係なく打ち合わせがありました。考えることが仕事でもあるので、夜もずっと1人で考えて、書いて、というような生活ですね。今はCluB_Aに所属しています。CluB_Aは、(株)AOI Pro.が育てた優秀なCMディレクターを中心に、さまざまなフィールドで活動するクリエイターのマネージメント業務を行っている組織です。

 これは出産とは関係無しに、会社員としてではなく個人の「舟越響子」としてCMディレクターの仕事がしたくなっていた時があり、そう思っていたタイミングでちょうどお話をいただいたので、所属を移すことにしました。CluB_Aの事務所には、マネージャーがいるスペースはありますが、それぞれのデスクはないので「出社して仕事をする」ということは基本的にありません。夫もカメラマンで、業界的に似たような職業なので、昼夜関係なかったり、何日もいなかったりしますね。

 出産後は子どもに生活リズムを合わせることになるので、昼夜の境目なくずっと考える、ということはできなくなりましたが、境目なく考えていた時に仕事が捗っていたかというと実はあやしいです。お迎えなど、子どもの事情で時間の区切りがある今の方が、割と集中してやれているのかも、と思います。

 今は、夜遅い打ち合わせを無くしてもらったり、進行も夕方くらいに終わるよう組んでもらったり、広告会社の方、プロダクションのプロデューサーや制作部の方まで、仕事に関わる全ての人に協力してもらっていて、申し訳無くもありますが、とても感謝しています。マネージャーにもすごく助けてもらっていて。家庭の煩わしい事情も受け止めてくれていますし。私も彼女のそういう所を信頼し、事情は全て伝えるようにしています。「応援しているよ」と口に出して言ってもらうわけではないのですが、日々、それを感じていますね。

 全体の数でいうと、この業界で私のように働く人はまだ多くないと思いますが、最近増えているようには感じますね。各家庭の事情はいろいろで、どれも似ていないと思うのですが、この業界的にはすごく「子どもがいながら働く」ということを受入れる雰囲気になってきているように感じます。

ホットペッパービューティー舟越さんの最近のお仕事 ホットペッパービューティーのCM

結婚、出産を経て、仕事でプラスになったことはありますか。

 独身のときは今思えば視野が狭くて、「会社勤めで頑張るぞ」「もっともっと頑張らなきゃ」「いっぱいやっている人が売れてる」という感じで、ただ闇雲に頑張っていました。当時頑張っていたこと自体は良かったんですけど、結婚・出産という経験をすると、いろんな世界があるんだなということが見えてきました。

 ママ友もできて、みんなそれぞれ通ってきた人生の道が全然違って。考え方や経験を少し聞くだけでも、全てが刺激になります。この業界の人達顔負けのスキルを持っている魅力的なママたちもいっぱいいて、一緒にいるとすごく楽しいです。私の視野と考える範囲が、子どものおかげでめちゃくちゃ広がっています。そういったことも含めた全部がCM作りに注ぎ込まれているような気がするので、これからも、私自身が人間として成長しながら、CMを作り続けていきたいです。

どこでも良いわけじゃない

お子さんは舟越さんの仕事のことを理解していますか。

 うちは5歳と2歳の男の子2人なのですが、お兄ちゃんの方はちょっと分かっているみたいです。「今日撮影なんだ、じゃ、帰ってこないね」とか。男気があるタイプで、「どこ行くの?バス乗る?気をつけてね」とか、「忘れ物ない?」とか、心配してくれますよ。

 ディレクターの仕事の良いところのひとつは、出来上がったものを子どもに見せられることですね。反応は「変なのー」とか、「これ食べたい」という感じですが、「お母さんがやった(CMの)やつ飲むー!」とか言ってくれたりすると、うれしいですね。

 そんな風に、徐々に理解してくれている感じに支えられています。預ける時も、「お母さん行かないで」って泣かれていたら、後ろ髪を引かれていると思うんですけど、息子は「今(仕事で)何作ってんの? 」と聞いたり、おもしろそうな仕事だなと思ってくれているみたいです。ありがたいなぁ、タフに育ってくれたなぁと思います。

グリコ panappグリコ パナップ「フルーツバスケット」

そんなお子さんを保育園に預けるときには何を重視されましたか。

 迷うほどの選択肢は与えられていませんね。長男は保育園に入れず、実家のサポートと、一時保育という週に2回預けられる区の保育システムを利用しました。電話して、枠が取れれば預けられるのですが、週毎の申し込み制なので、毎週ドキドキしながら、どうにか預けて仕事をしていました。それがダメなら実家の母に、という感じで、子どもが3歳になるまでは綱渡りでしたね。

 3歳になってからは幼稚園に入園させました。幼稚園だと2時頃がお迎えの時間なので、一般的に働くお母さん向けではないのですが、そこの幼稚園は学童保育のようなシステムを持っていて。幼稚園は2時に終わるんですけど、そこから4時半とか6時、一番長いと7時まで預かってくれるんです。

 もちろんお金はかかりますが、仕事を続けるならそれは必要経費かなと思っています。その上母親の心境としては預ける場所のクオリティも大事で、「どこでもいいから預かって」という発想にはなかなか割り切れないんです。皆さんそれぞれの価値観を持って一生懸命預ける所を探すんです。求めるものは各家庭でそれぞれ違うので、預ける場所にもっといろいろな選択肢があれば、少しずつ解決しそうなのにな…と思います。

[PROFILE]舟越響子

1978年生まれ。大学卒業後、葵プロモーション(現AOI Pro.)企画演出部に入社。その後、同社を退社しCluB_Aに所属、2児を出産する。受賞作に、◯SONY ウォークマン 合唱(第63回 広告電通賞 家庭用機器部門 最優秀賞、2010年 ACCブロンズ、2010年 消費者のためになった広告 TV広告16秒以上 (180秒)銀賞)◯2007年 ADFEST Remarkable5 日本代表 hide-and-seek◯パルコ 2006秋キャンペーン PINK/prism(2008年 Times Asia Pacific Advertising Awards メリット)

スケジュール

略歴

1978年
出生
2000年
(株)葵プロモーション(現AOI Pro.)企画演出部入社
2003 年
CMディレクターとしてデビュー
2008 年
退社
同年CluB_Aに所属
2010年
3月 長男を出産
2013年6月
次男を出産
いずれも産休・育休後、同じ職に復帰

最近のお仕事

  • ・ホットペッパービューティ
  • ・グリコ パナップ
    「フルーツバスケット」
  • ・アクエリアス
    「親マネ」
  • ・キユーピー 彩りプラス+
    「具材から生まれる音」
  • ・グリコ ジャイアントコーン
    「自分をねぎらう」
  • ・アース製薬 アース渦巻香
    「渦巻祭り」
  • ・レイコップ・ジャパン
    「選ばれて300万人」
  • ・ハウスウェルネスフーズ ビタミンレモン
    「手洗いうがいビタミンレモン」