しゅふクリ・ママクリ

キャリアコンサルタントに相談する
MENU

納得すること。続けること。 vol.1

今回のインタビューは、博報堂クリエイティブ・ヴォックスの太田麻衣子さんです。子どもと仕事では、「子どものほうが大事なのは明らか」と断言する太田さん。それでも、子どもが生まれてからも夜遅くまで仕事をしていた理由について、当時感じていた太田さんの心情を語ってもらいました。

子どもの方が大事なのは明らか。優先できるほどの仕事かどうか。

入社したばかりの頃や、出産前後はどのようなワークスタイルでしたか。

 私は1987年、男女雇用機会均等法が施行された次の年に博報堂へ入社しました。今は博報堂クリエイティブ・ヴォックス所属になっていますが、博報堂へはコピーライターとして入り、そのうちラジオCMやテレビCMも手がけるようになりました。当時はインターネットもない時代で、コンテを切るのもすべて手作業でしたね。

 その後結婚して、30歳のときに娘を生み1年間の育休を取得しました。男女雇用機会均等法が施行されてすぐの世代だったので、同じように働いて、出産・育休を経て復帰する人といったモデルケースを見る機会はあまりありませんでした。ただ、子育てだけの生活ではなく、「働いて収入がある状態ではありたいな」と思っていたので、当然のように育休を終えたら仕事に復帰しようと思っていました。

 復帰して嬉しかったのは、私が戻りを待ってくれている人たちが、席を用意してくれていたことです。会社としてもちゃんと席を用意してくれていたのですが、他にも私の席を勝手に用意してくれている人までいて、本当に嬉しかったです。

 そうして期待されつつ復帰して働きはじめると、やはり帰宅は遅くなります。「子どもがいるから早く帰る」ということに、どこか自分の中でスッキリしないものがあり、周りは「早く帰った方が良いよ」と言ってくれても「大丈夫です」と言って仕事をしていました。

ポカリスエット「夏の親子」篇最近のお仕事 ポカリスエット「夏の親子」篇

 保育園は無認可で、最長22時まで預かってもらえるところに入れていました。さすがにその時間まで預けることは無かったのですが、19時や20時に迎えに行き、帰って寝かせてからまた会社に行かなければならないこともある生活で、子どもとしては、起きた時にママがいないということが何度かあって、寂しい思いをさせていたかもしれません。

 育休からの復帰後も働き方は基本的に変わりませんでしたね。夜の会合にも行きました。とはいえ、仕事ばかりを優先していたという訳ではありません。早く帰れるときは帰っていましたし、子どもの方が大事なのは明らかなので、「子どもよりも優先するべき仕事かどうか」という判断は常にしていました。そうしないと仕事をする意味を見失ってしまいます。自分自身が納得した上で、子育てや仕事をしたかったのです。

周りの助けと自分のミッション

他にはどのような形で、周りの人に助けてもらいましたか。

 子どもが小さい時は本当にいろんな人に助けてもらいました。ベビーシッターさんに頼むこともありましたが、子どもが保育園の時は、客室乗務員をされているママ友にも助けてもらいました。仕事柄、いる時といない時がはっきりしているんですけど、彼女がいる時に私が遅くなったりすると「連れて帰ってご飯も食べさせたし、明日まで預かる」と言ってくれて。そうは言っても、きちんと迎えには行くんですけどね。困っていると割と助けてくれる人が出てきてくれるものです。

 ただ、何と言っても一番助けてもらったのは私の母ですね。当時、母は私の地元である富山に住んでいたのですが、私が仕事で手一杯になると上京してもらい、しばらく東京にいてもらうこともありました。

 母は東京へ来ることが楽しかったようで、私も内心、身内なので安心して頼める、ということもあり、割とウィンウィンの関係でした。父は富山でほったらかしにされていましたが。(笑)10年ほど前に父も仕事を引退し、母が東京に来ている間、父1人では寂しいのでは、という話になったため、うちの娘から「一緒の方が楽しいよ」と手紙で誘ってもらい、両親とも東京で暮らすことになりました。

 みんなが集まって、助け合って暮らしていけば何とかなるんじゃないかと思っています。今もみんなで楽しく暮らしていますよ。

家事についてはどうしていましたか。

 私の仕事上、夜は遅くなることも多いので、子どもが小さい時から、晩ご飯を一緒に食べることはほとんどできませんでした。そのかわり、週末は家族みんなで食べるようにしています。

 また、ご飯は毎朝、3食分作ることをミッションとしていましたね。中学・高校はお弁当があったので、朝ご飯とお弁当と晩ご飯を同時に、同じメニューで作りました。朝はできたての暖かいのを食べて、昼はお弁当箱に詰めて、夜は電子レンジで温め直してという3種類の食べ方ができる。(笑)

 娘も晩ご飯については、私がいないことにすっかり慣れています。その代わりという訳ではないのですが、早く帰ったときはたくさん話したり、一緒にテレビを見たり、とにかく一緒に過ごす時間を作るようにしています。お風呂は今も一緒に入っていて、ガールズトークをするのですが、「母として」というか「人として」もっとしっかりして欲しいみたいで、「社会人なんだから、そういうことは先に言おうよ」とか「いい大人なんだからちゃんとして」と、娘によく怒られています。(笑)

家族で川下り2014年には、家族で川下りにも行く仲の良さ!

[PROFILE]太田麻衣子

クリエイティブディレクター。博報堂クリエイティブ・ヴォックス代表取締役社長。コピーライター、CMプランナー、クリエイティブディレクターとして広告制作を本業としながら、 出版・TV企画制作の仕事にも携わる。 TBSのミニドラマ「階段のうた」の脚本を担当し、2012年度のギャラクシー賞を受賞。著書「きいてアロエリーナきいてマルゲリータ」(小学館)「8月のキリンノート」(小学館) 「Bath Views」(TOTO出版)など。

略歴

1964年
富山県出生
1987年
㈱博報堂入社
1999 年
㈱博報堂クリエイティブ・ヴォックス移籍
1994 年
長女を出産
2014年
同社代表取締役に就任

最近のお仕事

  • ・ポカリスエット
    「夏の親子」篇ほか
  • ・ルナルナ
    「ある日の女優」篇
  • ・8月のキリン