しゅふクリ・ママクリ

キャリアコンサルタントに相談する
MENU

子育てもデジタル!? UXデザイナー・ママのキャリアと子育て vol.1

最近になって、耳にすることも多くなった「ユーザビリティ」や「UX」などのデジタル用語。今回は、そんなデジタルを駆使するインタラクティブコンテンツの制作会社「博報堂アイ・スタジオ」でUXデザイナーをされている白石葵さんにお話を伺いました。白石さん、なんと双子と男の子を持つ3児の母! そんな多忙を極める白石さんの、仕事と出産までの道のりとは?

グラフィックデザイナーからWebの世界へ

これまでのキャリアを教えて下さい。

 まず、私が博報堂アイ・スタジオに入社したのは2003年9月です。学生時代は工業デザインの分野で視覚伝達デザインや人間工学を学び、その後、グラフィックデザイナーとして印刷関連の仕事に就きました。Webの世界に飛び込もうと思ったのは、構造面やユーザビリティが大きく関わってくるWebの方が、自分の強みが活かせると思ったからです。大学時代に、使い勝手の良いデザインやコミュニケーションについて勉強していたので、役に立つかな、と。

 また、会社でもインフォメーションデザインという、視覚的にカッコイイだけでなく、ユーザーの使い勝手がよくなるデザインも考えていくための「情報デザイン部」という部署が2005年に立ち上がりました。私もそこに異動してからは、インフォメーションデザインを勉強する比率が増えましたね。

 とは言っても、使いやすいデザインについて本格的に専門性を高めようと思ったのは出産後です。出産して育児をしながら、となると勤務時間は当然短くなります。そんな中で「あの人に仕事を頼みたい」と思われるためには、今までより専門性を突出させて、「自分にはこれができる」という「看板」がないと駄目だろう、と思ったんです。

  

白石葵

情報デザイン部では具体的にどんなことをされるんですか。

 分かりやすい例を出すなら、ユーザーテストですかね。これは、コンピュータを操作する時の画面表示や言葉などの表現による操作感―UI(ユーザーインターフェイス)を改善するために行う作業です。具体的には、ターゲットに近い人にアプリやサイトを使ってもらい、それをビデオ撮影して、何が使いやすい・使いづらいのか、どこに問題があるのか、といったことを洗い出しています。

 昔はこのテストをするコストが高かったため、クライアントも尻込みしてしまい、本当に有益な提案ができないこともありましたが、今ではオンラインですぐにテストをすることができ、大分コストが下がりました。そのため、サイトのリニューアルに際しても、テストの結果を元に、実際のユーザーの行動に基づいた提案ができるようになりました。

 例えば、ナビゲーションが開いている方が良い、と言うデザイナーも、ボタンの数を絞った方が良い、と言うデザイナーも、それぞれ間違っている訳ではありません。対象ユーザーがどんな人かによって適切な表現は変わるので、デザイナー個人の経験に頼ったデザインしかできなくなることを防ぐために、テストを行うのです。

 時代的に、最初はなかなかユーザーテストの意義を理解してもらえなかったのですが、「ユーザビリティ」や「UX」といった言葉が世に広まってきたことで、今は「テストをして戦略を立てる」という流れが自然と受け入れられるようになっています。

 現在、私は昨年新設された「データドリブンクリエイティブ部」という部署にUXデザイナーとして所属していますが、ここではデータに基づいたアウトプットをするため、先ほどのユーザーテストだけではなく、アクセスログ解析や聞き取り調査など、定量的なデータと定性的なデータを合わせてWeb戦略の立案や設計、サイトの改善課題を見つける業務を行っています。

バックオフィスからクリエイティブに戻れたきっかけ

結婚と出産、復職はどのようにしたんですか。

 結婚する以前からずっと、子どもは欲しいと思っていました。ただ、制作の仕事とのバランスもあり、簡単に出産へ踏み出せた訳ではありませんでしたね。2007年に双子を授かることができたので、そのタイミングで34歳の時に結婚しました。

 けれど、切迫早産による2カ月半の入院や、出産後、24時間必ずどちらかが泣いている双子育児に、身体的精神的に大ダメージを受けてしまい、子どもが9カ月で復職を決めたときには、もう今までのような働き方はできないものと、すっかり腹をくくっていました。お客様の要望に100%答えられないならプロとして失格だ、とも思っていたので、クリエイティブの仕事を一切諦めたいと会社に掛け合ったところ、バックオフィスである広報の仕事に就かせてもらうことになりました。

 ところが実際に仕事をしていると、ありがたいことに制作陣の方からたくさん声をかけていただいたんです。「こんなことできないか」、と。そこで試しに広報をしながらそうしたお手伝いをしていたところ、案外できてしまって。「みんながサポートしてくれるから、私はまだやれる、逆に昔よりも効果効率を考えて動くことができている!」と気づき、どうせやるなら全力でやりたい、と、クリエイティブに戻ることを決めました。

 会社では、産休に対するネガティブな風当たりを感じることも無く、その後1年経たないうちに再度産休に入り、長男を出産しました。そのため、先に生まれた双子の長女・次女たちとは1歳半しか離れていません。制度面のみならず、現場で一緒に働いているスタッフはみんな、手伝ってくれたり、「帰っていいよ」と、気遣ってくれたりするので本当に助けられています。

 制度に関しても、博報堂アイ・スタジオでは「看護休暇」と言って、子どもが病気になった時に取れるお休みなどが充実していて、小学生未満の子どもが2人以上いたら10日間、1人だと5日間もらえます。私は勤続年数も長いので有給も多い方だと思うのですが、子どものトラブルがあると、有給も足りなくなってしまうのでありがたい制度です。

[PROFILE]白石葵

大学では工業デザインを専攻、視覚伝達デザインや人間工学を学ぶ。卒業後は印刷会社に入社し、グラフィックデザイナーとして働き始めたが、インターネットの可能性を感じ、知り合いの会社でWeb制作部門を立ち上げる。その後、一社を経て、博報堂アイ・スタジオにWebデザイナーとして入社。IAとして調査分析や情報設計などを手がける。双子出産により育児休業するも、その後広報室を経て、クリエイティブ職に復帰。現在はUXデザイナーとして調査分析や情報設計などを手がける。 ●日本人間工学会認定 人間工学専門家 ●HCD-Net認定 人間中心設計専門家 ●WACA 上級ウェブ解析士

略歴

1973年
出生
大学では工業デザインを専攻、視覚伝達デザインや人間工学を学ぶ
1997年
印刷会社入社(グラフィックデザイナー)
1999年
Web制作部門の立ち上げの為、知り合いの会社に入社
2002年
オン・ザ・エッヂ(現LINE)入社(Webディレクター)
2003年
博報堂アイ・スタジオ入社(Webデザイナー)
2005年
情報デザイン部に異動(IA)
2008年
双子出産による育児休業
2009年
広報室に復職
その後クリエイティブ職へ異動
2010年
1月第三子出産による育児休業
2011年
2度目の復帰
2014年
データドリブンクリエイティブ部に異動(UXデザイナー)

最近のお仕事

  • ・官公庁サイトリニューアル(情報設計)
  • ・国営企業の民営化に伴うサイト構築(調査分析/情報設計)
  • ・公共交通機関オンライン予約サイトリニューアル(調査分析/情報設計)
  • ・製菓・製パン食材ECサイトリニューアル(調査分析/情報設計) など