しゅふクリ・ママクリ

キャリアコンサルタントに相談する
MENU

有機ELテレビ「レグザ」の機能、ここがすごい!

働くママクリエイターが“本音”をつづる「ママクリ奮闘記」。仕事・子育て・家事・悩み……奮闘するワーママが日頃思っているあんなことやこんなことを、自由にお届けします!

有機ELテレビ「レグザ」の機能、ここがすごい!

こんにちは、ライター・コラムニストのせきねみきです。大型家電あるあるだと思うのですが、洗濯機に続いて、先日テレビの電源が突然つかなくなりました。そうそう買い替えるものではないので、思い切って有機ELテレビを買うことに。有機ELテレビはテレビ自体が薄く、画質もなめらかで美しく、液晶テレビより値が張っても選んだ甲斐があったと感じています。

比較検討した結果、購入したのは「REGZA(レグザ)」の有機ELテレビ。「タイムシフトマシン」というレグザ独自の録画機能が決め手になりました。外付けのハードディスクを接続すると、地上デジタル放送を最大6チャンネル、指定した時間帯の番組をまるごと録画してくれるのです。わが家では4TBのハードディスクを用意。平日は夜~深夜の時間帯、土日は朝~深夜の時間帯で6チャンネル分設定したところ、過去10日間分ほど録画できています。うっかり冒頭5分だけ見逃してしまったドラマを放送後に見直したり、SNSで話題になっている番組を空き時間にチェックしたり……。この録画機能のおかげで、おうち時間がぐっと充実したように思います。

また、テレビに向かって「オッケーレグザ」と話しかけることで、声で操作できる「ハンズフリーレグザボイス」という機能も重宝しています。リモコンが見当たらないときや、家事などで手が離せないときなどは本当にありがたい。息子は声で操作できるのが楽しいようで、「オッケーレグザ、電源オン!」と毎朝のように張り切って話しかけています(滑舌がイマイチなのか、成功率は50%ぐらいですが……)。

洗濯機といいテレビといい、最新家電のめざましい進化には驚くばかりです。予想外かつ連続の出費は痛いですが、得られている恩恵は想像をはるかに超えています。

[PROFILE]せきねみき

兵庫県神戸市出身。新卒から勤めていた新聞社を退職後、フリーのライター・コラムニストに。カレーと電車とラグビーをこよなく愛する2児の母。嫉妬(しっと)するほど料理上手な夫と協力しながら、子育てと仕事のバランスを模索中。連載コラム『ママクリ奮闘記』(毎週更新)
<ホームページ>https://sekinemiki.themedia.jp/