しゅふクリ・ママクリ

キャリアコンサルタントに相談する
MENU

「プライム・ワードローブ」で子ども靴を買ってみた

働くママクリエイターが“本音”をつづる「ママクリ奮闘記」。仕事・子育て・家事・悩み……奮闘するワーママが日頃思っているあんなことやこんなことを、自由にお届けします!

「プライム・ワードローブ」で子ども靴を買ってみた

こんにちは、ライター・コラムニストのせきねみきです。幼稚園のお迎え以外ほぼ家にいる私が何かとお世話になっているのがAmazonプライムの会員特典。今回は、プライム会員になると利用できる試着サービス「プライム・ワードローブ」を紹介したいと思います。

2021年10月6日時点では、配送先住所が沖縄および離島地域、日本国外に該当する場合は対象外のサービスとなっています

どのようなサービスかというと、まずプライム・ワードローブの対象商品(アイコンで判断可能)から最大6点を選んで自宅に配送手配します。ジャンルはレディース・メンズ・キッズ&ベビー服、靴、バッグなど。試着期間は配達完了翌日から最長7日間で、その間に試して気に入ったものだけ購入手続きを行います。購入しないものは返送を選択し、届いた箱に入れて送り返すだけ。返送用の着払い伝票も同梱されているので、ストレスフリーなショッピングがかないます。

息子は何着も連続して試着できないタイプ(七五三衣装の試着には苦い思い出が……)。自宅で試せて、1週間もの猶予があるのは本当に助かります。先日はプライム・ワードローブを利用して、息子用の靴2種類を0.5cm刻みで3足ずつ、計6足注文。2日かけてゆっくり履き比べ、ジャストサイズの2足を購入することができました。

ここで、注意すべき点を2つお知らせしておきます。試着期間最終日の23時59分までに購入または返送の手続きを行わなかった場合、注文したすべての商品に対して代金が請求されてしまいます。また、返品する可能性を見据え、試着は必ずタグをつけた状態のまま行いましょう。

プライム・ワードローブは、特に未就学児の子育て中のみなさんに心底おすすめしたいサービスです。子ども用はもちろんですが、自分用のファッションアイテムを部屋の鏡を見ながら試せるのも快適! 自宅が“試着室化”するということは、このご時世大きなメリットだと感じます。

※2021年10月12日、「プライム・ワードローブ」のサービス名称が「Prime Try Before You Buy」に変更されました

[PROFILE]せきねみき

兵庫県神戸市出身。新卒から勤めていた新聞社を退職後、フリーのライター・コラムニストに。カレーと電車とラグビーをこよなく愛する2児の母。嫉妬(しっと)するほど料理上手な夫と協力しながら、子育てと仕事のバランスを模索中。連載コラム『ママクリ奮闘記』(毎週更新)
<ホームページ>https://sekinemiki.themedia.jp/