しゅふクリ・ママクリ

キャリアコンサルタントに相談する
MENU

Q.そもそも産休・育休って?

Q.そもそも産休・育休って?

A.産休とは、産前休業と産後休業のこと
A.育休とは、1年間(一定条件を満たせば最長2年)の育児休業のこと

「産休」はどなたでも取得できますが、「育休」は取得できる方の要件が決まっています。また会社は、労働者が産休や育休を取得したことを理由に解雇したり、契約を更新しなかったりすることを法律で禁止されています。妊娠・出産後も仕事を続けたいという希望をしっかりと伝え、休業の取得を申し出ましょう。

【産休について】
産休は、雇用形態に関係なく誰でも、申請すれば取得できます。

・産前休業 … 出産予定日当日の6週間前(双子以上の場合は14週間前)から、申請すれば取得できます。

・産後休業 … 出産日の翌日から8週間は就業が禁止されています。ただし、産後6週間経過後で医師が認めた場合は、申請することで就業可能になります。出産日が予定日より遅れた場合も、早まった場合も、出産日の翌日から起算して8週間となります。

【育休について】
1歳に満たない子どもを養育する労働者は、会社に申し出ることにより、子どもが1歳になるまでの間で希望する期間、育児のために休業できます。女性でも男性でも申し出ができます。1歳になっても保育園が見つからないなどの一定条件を満たした場合には、1歳6カ月までの育休延長が可能です。また、2017年10月から、1歳6カ月時点でも保育園が見つからないなどの事情がある場合は、最長2歳まで育休を延長することが可能になりました。

ただし、誰でも申請すれば取得できる産休と異なり、育休の取得には一定の条件を満たす必要があります。

<育児休業を取得するために満たさなければいけない条件>
(1)パート、派遣、契約社員など期間の定めのある労働契約で働く方は、申し出時点において、以下の要件をすべて満たさなければ育児休業を取得できません。
1. 同一の事業主に引き続き1年以上雇用されていること
2. 子どもが1歳6カ月に達する日(2歳までの延長の場合は、子どもが2歳に達する日)までに労働契約の期間が満了することが明らかでないこと

(2)労使協定で、以下いずれかの要件に該当する方を育休の対象外と定めている場合は、会社から育児休業取得の申し出を拒否されてしまう可能性があります。
1. 雇用された期間が1年未満
2. 1年以内に雇用関係が終了する
3. 週の所定労働日数が2日以下

(3)日々雇用される方は育児休業を取得できません。

 

※法改正などにより制度が変更する可能性もございます。厚生労働省など公的機関の情報をよく調べてから手続きすることをおすすめします。