しゅふクリ・ママクリ

キャリアコンサルタントに相談する
MENU

Q.産休・育休、時短制度について教えてください。

Q.産休・育休、時短制度について教えてください。

A.産休(産前休業と産後休業)

・産前休業 … 出産予定日の6週間前(双子以上の場合は14週間前)から、請求すれば取得できます。

・産後休業 … 出産の翌日から8週間は就業できません。産後6週間を過ぎた後、本人が請求し、医師が認めた場合は就業できます。

※産休は誰でも請求すれば取得できます。

A.育休(育児休業)

1歳に満たない子どもを養育する労働者は、会社に申し出ることにより、子どもが1歳になるまでの間で希望する期間、育児のために休業できます。

<育児休業を取得できる条件>

(1)期間の定めのある労働契約で働く方は、申出時点において、以下の要件を満たすことが必要です。

  ① 同一の事業主に引き続き1年以上雇用されている
  ② 子どもの1歳の誕生日以降も引き続き雇用されることが見込まれる
  ③ 子どもの2歳の誕生日の前々日までに、労働契約の期間が満了しており、かつ、契約が更新されないことが明らかでない

(2)以下の要件に該当する場合は、育児休業を取得できません(対象外とする労使協定がある場合に限る)

  ① 雇用された期間が1年未満
  ② 1年以内に雇用関係が終了する
  ③ 週の所定労働日数が2日以下

(3)日々雇用される方は育児休業を取得できません。

A.仕事復帰後に利用できる制度

・短時間勤務制度 … 短時間勤務(1日6時間)ができる制度。
・所定外労働の制限 … 残業が免除される制度。
・子の看護休暇 … 子どもの病気の看護等のために仕事を休める制度。
・時間外労働の制限 … 残業時間に一定の制限を設ける制度。
・深夜業の制限 … 深夜(午後10時〜午前5時)の就労を制限する制度。