見出し画像

資源ゴミまずはおもちゃに変えてみる【ちょっと一息、ママクリ川柳】

仕事に家事に育児に追われ、忙しい毎日を送る皆さん、今日もお疲れさまです。いろいろ大変な時代で、息抜きひとつするのも難しい日々ですよね。そこで、ちょっと皆さんが一息つけるような川柳コンテンツをこちらにご用意してみました。お茶でも飲みながら、リラックスしてご覧くださいね。

資源ゴミまずはおもちゃに変えてみる

園や学校では春休みが始まりましたね。春休みは宿題や課題が比較的少なめなので、時間を持て余しているお子さんもいらっしゃるでしょうか。

長期休暇は、子どもたちをどう遊ばせるかも悩ましいもの。外遊びも取り入れたいところですが、この時期は花粉も飛散していますし、難しいケースもありますよね。ゲームや動画視聴に偏ることなく、楽しくおうち遊びができないだろうか……と、いろいろ試行錯誤したところ、わが家では廃材を活用した工作に手応えを感じました。お金もかからず、親子で楽しめるのでおすすめです! わが家では、こんな風にして遊んでみましたよ。

フルーツが入っていた段ボールに梱包材が敷かれていたので、「これで何か作って遊べないかな……」と、あれこれいじってみました。ちぎってクレヨンで色を塗ってみたところ、なんとなく魚っぽい雰囲気に。

梱包材をちぎると、ちょうど魚の切り身のような形だったので、それらしく色をつけてみました。

ちぎって色を塗るだけという至ってシンプルな工程ですが、結構おいしそうな魚介類に見えませんか? 梱包材のツヤ、厚み、表面の質感などを活かして作るので、特に技術も必要なく、色を塗るだけで魚らしい雰囲気が出せます。なかなかユニークなコスパ良好の手作りおもちゃが出来上がりました!

さわら、さけ、えび、さばをイメージして色を塗ってみました。

「お寿司屋さんに行きたくなってきたね」などと子どもと話しながら、どんどん作っていきました。作っているうちに、お腹が空いてきましたよ。

特に魚の皮の部分は本物に近い仕上がりに。真ん中のイカはちぎるだけなのでとっても簡単!

簡単なのに結構リアルな仕上がりなので、子どもも楽しんでいました。さらに、作って楽しんだ後はお寿司屋さんごっこでも遊べるので一石二鳥です!

右下のかっぱ巻きは、黒い紙で作った筒に梱包材を詰めて作りました。

梱包材、トレー、牛乳パックなどの廃材で遊んだ後は、資源ゴミとしてリサイクル。身近な廃材を利用する工作は、工夫の余地が盛りだくさんなので、子どもの創造性も伸びていくと思います。資源ゴミとして廃棄する前に、よかったらお子さんと手作りおもちゃを作ってみてくださいね!


【執筆者】友常 甘酢(ともつね あまず)

研究開発職からフリーライターへ転身した小学生と中学生の母。毎日歌壇賞、読売広告大賞等を受賞。短歌や川柳にも興味を広げつつ、苦手な運動の習慣化を目指して努力中。
<X(旧Twitter)>@azukicreamcup
<HP>https://yuko-ejima.amebaownd.com/

この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

時短勤務、週4日以下の勤務など、柔軟な働き方ができるマーケティング・クリエイティブの求人情報を毎日更新中!