見出し画像

1歳のお祝いに選んだ「知育絵本」【ママクリ奮闘記】

働くママクリエイターが“本音”をつづる「ママクリ奮闘記」。仕事・子育て・家事・悩み……奮闘するワーママが日頃思っているあんなことやこんなことを、自由にお届けします!

1歳のお祝いに選んだ「知育絵本」

こんにちは、ライター・コラムニストのせきねみきです。前々回のコラムで、まだ次男のためにおもちゃを買ったことがないと書きましたが、1歳のバースデー祝いにようやくおもちゃを購入しました。最初はパソコンのおもちゃを探していたのですが、これというものが見つからず、絵本型の知育おもちゃに落ち着きました。

今回選んだのはタカラトミーの「親子知育 絵本であそぼ! / トイ・ストーリー」というもので、プロのナレーターによる自動読み聞かせ機能がついています。実際に次男と遊んでみると、日本語と英語モードの切り替えができる点、ボタンやレバーなどの仕掛けが豊富な点、子どもの成長に応じて長く楽しめそうな点が気に入りました。対象年齢は4歳ごろまでとなっていますが、7歳の長男も多少興味があるようです。BGMモードで曲を流しながら次男に読み聞かせをしてくれることもあり、とても助かっています。

ボタンを押したりレバーをつまんだり、指先を使った遊びに夢中[/caption] このおもちゃは厚みが6cmほどで持ち運びに適さないサイズなので、わが家では寝室に置いて、主にお昼寝タイムや夜寝る前に愛用中。トイ・ストーリーのテーマソングが流れると、家族で訪れた東京ディズニーシーの思い出がよみがえり、幸せな気分に浸れるのも◎。少し気が早いのですが、2024年春に新テーマポート「ファンタジースプリングス」がオープンしたら“お泊まりディズニー”を満喫する! と妄想をふくらませています。

トイ・ストーリーのほか、くまのプーさんバージョンもあるので、ディズニー好きには特におすすめしたい知育おもちゃです。バースデープレゼントだけでなく、出産祝いとしても喜ばれるのではないかと思います。


【執筆者】せきねみき

兵庫県神戸市出身。新卒から勤めていた新聞社を退職後、フリーのライター・コラムニストに。カレーと電車とラグビーをこよなく愛する2児の母。嫉妬(しっと)するほど料理上手な夫と協力しながら、子育てと仕事のバランスを模索中。
<連載コラム>『ママクリ奮闘記』(毎週更新)
<ホームページ>https://sekinemiki.themedia.jp/

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

時短勤務、週4日以下の勤務など、柔軟な働き方ができるマーケティング・クリエイティブの求人情報を毎日更新中!