見出し画像

体感温度が4℃下がる!? ミントのひんやり効果【ママクリ奮闘記】

働くママクリエイターが“本音”をつづる「ママクリ奮闘記」。仕事・子育て・家事・悩み……奮闘するワーママが日頃思っているあんなことやこんなことを、自由にお届けします!

体感温度が4℃下がる!? ミントのひんやり効果

こんにちは、ライター・コラムニストのせきねみきです。関東は真夏日や猛暑日が続いていますね。連日の暑さにぐったりしている方も多いのではないでしょうか。私は毎年“ミントのチカラ”に頼って、なんとか夏を乗り切っています。たとえばミントティーやミントのキャンディー、シャンプーにアロマオイルなど……。

※写真はイメージです

ペパーミントには、なんと体感温度を4℃下げる効果があるそうです。資生堂の製品開発センターが、ぺパーミントのクールダウン効果について、実験結果を発表しています。

嗅ぐ香りを変えて、室温24℃、湿度53%の実験室内で、水温28℃の水の温冷感を評定する実験を行った。香りがない場合に、28℃の水は平均値でやや温かいレベルに評定された、ペパーミントの香りを嗅いでいるときには水を有意に冷たく感じる結果が得られた。(中略)ペパーミント条件で、水がやや温かいレベルに評定されるのは、水温32℃付近であり、香りなし条件とペパーミントの香りあり条件で、同じ水の温かさ(やや温かい)に感じられるには、水温の差が約4℃ある結果が得られた。

出典:資生堂製品開発センター 庄司健(発表当時). 「嗅覚が他の感覚知覚に及ぼす影響」.  
におい・かおり環境学会誌. 2006. Vol.37, No.6, 424-430.

私が昨年からリピートしているミントアイテムは、MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)の「スカルプクレンジングシャンプー」と北見ハッカ通商の「ハッカ油スプレー」です。

「スカルプクレンジングシャンプー」は、ペパーミントとレモングラスがブレンドされた爽やかな香りが◎。お風呂から上がったあと、しばらく頭皮がスーッとするメントールの冷却効果もやみつきになります。「ハッカ油スプレー」は、枕カバーにシュッとひと吹きするだけで、いい香りに包まれながら眠れます。このスプレーは万能で虫よけにもなるので、夏場はいつもポーチに忍ばせています。

なんといっても、ミントは手軽に取り入れられるのが魅力。他におすすめのミントアイテムをご存じでしたら、ぜひ情報をお寄せください!


【執筆者】せきねみき

兵庫県神戸市出身。新卒から勤めていた新聞社を退職後、フリーのライター・コラムニストに。カレーと電車とラグビーをこよなく愛する2児の母。嫉妬(しっと)するほど料理上手な夫と協力しながら、子育てと仕事のバランスを模索中。温泉ソムリエ&子育て支援員
<連載コラム>『ママクリ奮闘記』(毎週更新)
<ホームページ>https://sekinemiki.themedia.jp

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

時短勤務、週4日以下の勤務など、柔軟な働き方ができるマーケティング・クリエイティブの求人情報を毎日更新中!