見出し画像

都心からすぐ行ける! 泉質重視の「日帰り温泉」3選【ママクリ奮闘記】

働くママクリエイターが“本音”をつづる「ママクリ奮闘記」。仕事・子育て・家事・悩み……奮闘するワーママが日頃思っているあんなことやこんなことを、自由にお届けします!

都心からすぐ行ける! 泉質重視の「日帰り温泉」3選

こんにちは、ライター・コラム二スト、そして温泉ソムリエのせきねみきです。この冬は気温の乱高下が激しいですね。寒くなると、無性に恋しくなるのが温泉。今回は都心から比較的近く、さらに泉質が私好みの日帰り温泉を3カ所紹介します。

※写真はイメージです

1.「秋川渓谷 瀬音の湯」(東京都あきる野市)
初めて訪れた際「東京都内にこんなとろっとろのお湯があるんだ……!」と感動し、それ以来定期的に足を運んでいます。泉質は“美肌の湯”と呼ばれる「アルカリ性単純温泉」で、pHはなんと10.01。お肌のクレンジング効果が期待できる強アルカリ性の温泉です。なお、オムツの取れていない子どもは入浴できないため、子連れで行く場合は注意してください。JR武蔵五日市駅から「瀬音の湯経由上養沢行き」の路線バスを利用すると、20分ほどで到着します(本数は少なめ)。
http://www.seotonoyu.jp/

2.「おがわ温泉 花和楽の湯」(埼玉県比企郡)
東武東上線・JR八高線小川町(おがわまち)駅から歩いて10分強の場所にある、和モダンな建物です。こちらもpH10.0の強アルカリ性単純泉。11月下旬に伺ったのですが、紅葉が水面に映る様子がとても美しく、心に残っています。広々とした露天風呂は水深が浅めのところが多く、お湯の温度もぬるめなので、小さな子ども連れで利用しやすいのがうれしい! 2歳の次男が気に入って、温泉を満喫していました。食事スペースには個室もあり、ゆったりと過ごせます。
https://kawaranoyu.jp/

3.「鶴巻温泉 元湯陣屋」(神奈川県秦野市)
将棋や囲碁のタイトル戦が開催されることで有名な「鶴巻温泉 元湯陣屋」は、小田急線の鶴巻温泉駅から徒歩5分弱というアクセスの良さが魅力。泉質は、カルシウムを多く含む「カルシウム・ナトリウムー塩化物泉弱アルカリ性低張性冷鉱泉」。pH7.44のさっぱりとしたお湯です。高台にある「山荘露天風呂」は、11時〜15時限定で貸切風呂(有料オプション)として利用可能。立派な庭園内には飲泉スポットや、映画『となりのトトロ』のモチーフになった大きなクスノキ、通称「トトロの木」もあります。
https://www.jinya-inn.com/

今回紹介した3つの温泉は宿泊も可能なので、日帰りで行ってみて気に入れば、泊まりでのんびり滞在するのもあり! もしよければ、冬のおでかけの選択肢として検討してみてくださいね。


【執筆者】せきねみき

兵庫県神戸市出身。新卒から勤めていた新聞社を退職後、フリーのライター・コラムニストに。カレーと電車とラグビーをこよなく愛する2児の母。嫉妬(しっと)するほど料理上手な夫と協力しながら、子育てと仕事のバランスを模索中。温泉ソムリエ&子育て支援員
<連載コラム>『ママクリ奮闘記』(毎週更新)
<ホームページ>https://sekinemiki.themedia.jp

この記事が参加している募集

#わたしの旅行記

2,271件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

時短勤務、週4日以下の勤務など、柔軟な働き方ができるマーケティング・クリエイティブの求人情報を毎日更新中!