見出し画像

赤ちゃん用口座で「出生体重貯金」【ママクリ奮闘記】

働くママクリエイターが“本音”をつづる「ママクリ奮闘記」。仕事・子育て・家事・悩み……奮闘するワーママが日頃思っているあんなことやこんなことを、自由にお届けします!

赤ちゃん用口座で「出生体重貯金」

こんにちは、ライター・コラムニストのせきねみきです。先日、縁起のいい日に次男の銀行口座をつくりに行きました。赤ちゃん名義の銀行口座開設は、親権者の身分証明書(マイナンバーカード・運転免許証など)、赤ちゃんの健康保険証&母子手帳、口座に登録する印鑑があれば基本大丈夫。私は次男と一緒に窓口へ行きましたが、大体の銀行では、子どもがその場にいなくても口座作成は可能だそうです。

みなさんは「出生体重貯金」をご存じですか? 開設した口座に初めて入金または振り込む際、赤ちゃんが生まれたときの体重・身長と同じ金額にして、記録に残すものです(体重3000g・身長50cmの赤ちゃんの場合、3000円と50円を2回に分けます)。最近は生まれた年、誕生日、出産時刻もあわせて計5項目記録するのが主流の模様。振込の場合、体重なら「WEIGHT」と振込人名の表記を変更すると、よりわかりやすく記録できます。

長男のときは身長・体重のみ入金で記録したので、今回は振込に挑戦しようと思っていました。しかし窓口の事前予約をしなかったために、1時間以上の待ち時間が発生してしまい断念。結局窓口で体重・身長の金額を入金してもらうことにしました。特に赤ちゃん連れの場合、予約はマストですね……!

長男が誕生した2015年の話になりますが、赤ちゃん名義の口座を開設した際、ゆうちょ銀行とみずほ銀行で1000円のお祝い金をもらえたことをふと思い出しました(現在は終了)。ネット銀行の楽天銀行では、12歳以下の子どもの口座開設&入金をすると1000円のお祝い金がもらえるプレゼントキャンペーンを現在行っています(2022年11月9日時点)。窓口に行くことなく印鑑レスで開設できるので、新たに子どもの口座が必要になったら、次はネット銀行を検討しようと考えています。


【執筆者】せきねみき

兵庫県神戸市出身。新卒から勤めていた新聞社を退職後、フリーのライター・コラムニストに。カレーと電車とラグビーをこよなく愛する2児の母。嫉妬(しっと)するほど料理上手な夫と協力しながら、子育てと仕事のバランスを模索中。
<連載コラム>『ママクリ奮闘記』(毎週更新)
<ホームページ>https://sekinemiki.themedia.jp/

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

時短勤務、週4日以下の勤務など、柔軟な働き方ができるマーケティング・クリエイティブの求人情報を毎日更新中!