見出し画像

ラグビーを通して垣間見た、小2男子の成長【ママクリ奮闘記】

働くママクリエイターが“本音”をつづる「ママクリ奮闘記」。仕事・子育て・家事・悩み……奮闘するワーママが日頃思っているあんなことやこんなことを、自由にお届けします!

ラグビーを通して垣間見た、小2男子の成長

連休明け、みなさまいかがお過ごしでしょうか。私は連休中近場へのお出かけがメインで、いつもの週末と大差なかったからか、ごく普通に日常がスタートしています。

わが家のゴールデンウィークのトピックスは、長男(小2)がタグラグビーの交流戦に出場したことです。つい先月までジャパンラグビー リーグワンの試合が行われていた立派なスタジアムでの開催とあって、長男は試合前日からワクワクが止まらない様子。「細かくパスをしてトライにつなげる」「みんなで楽しくプレーする」という2つの目標を掲げ、本番に挑みました。

実はこれまで試合前に目標を教えてくれたことがなかったので、今回の試合に対する彼なりの覚悟を感じました。自ら決めた目標を両親に共有することで、自身をプラスの方向に追い込んでいたようです。このことが功を奏したのか、なんとチームのMVPに選ばれる活躍を見せてくれました!

長男は金メダルをもらって大喜び! ※写真はイメージです

MVPに選ばれた理由を本人に尋ねると、「ガットをほめられた」と話します。ラグビーにおけるガットとは、ボールを持ったプレーヤーが敵にタックルされたり捕まったりしたときに、味方のお腹の中にボールを渡すプレー(ちなみにgutは英語で腸・内臓を意味します)。ボールがつながる可能性が高く、パスを受けたプレーヤーは縦に突破しやすいとのこと(なお、硬式テニス部だった私はガット=ラケットの網に使う糸しか頭に浮かばず、ラグビー経験者の夫に解説を求めました)。

試合後、もっと早く走れるようになりたいという気持ちが湧いた長男は、ラグビースパイクが欲しいと夫におねだり。早速お気に入りの一足を買ってもらい、今週末スパイクデビュー予定です。これでラグビーにますますのめり込みそうな予感……。私も次回の試合観戦が待ち遠しい! 今度はどんな目標を立てるのか、もし伝えてくれなくてもヒアリングしたいと思います。


【執筆者】せきねみき

兵庫県神戸市出身。新卒から勤めていた新聞社を退職後、フリーのライター・コラムニストに。カレーと電車とラグビーをこよなく愛する2児の母。嫉妬(しっと)するほど料理上手な夫と協力しながら、子育てと仕事のバランスを模索中。温泉ソムリエ&子育て支援員
<連載コラム>『ママクリ奮闘記』(毎週更新)
<ホームページ>https://sekinemiki.themedia.jp

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

時短勤務、週4日以下の勤務など、柔軟な働き方ができるマーケティング・クリエイティブの求人情報を毎日更新中!