見出し画像

子どもの頃に思い描いた「フレキシブルな働き方」が現実に─シックス・アパート 広報 壽かおりさん

マスメディアンが運営するWebメディア「advanced by massmedian」では、時代の一歩先で挑戦をする人たちにインタビューし、そのキャリアや働き方についてお伝えしています。

今回は「advanced by massmedian」から、Web制作を支援する製品・ソフトウエアを開発するシックス・アパートの広報 壽かおりさんのインタビューを一部ご紹介します。

シックス・アパートは、2016年からフルリモート制度を導入し、「令和元年度 テレワーク先駆者百選」総務大臣賞を受賞しています。「昔から、子育てのためにリモートワークで働きたかった」という壽さんに、現在の仕事や働き方について、お話を伺いました。

子どもの頃に思い描いた「フレキシブルな働き方」が現実に

──そもそもシックス・アパートにはどういった経緯で入社されたのですか?
2009年、前職に在籍していた時に子どもが生まれました。子どもが1歳になる頃に仕事を辞めて、今後の働き方を考えていた時に、先にシックス・アパートに転職していた前職の元上司から「手伝ってほしい仕事があるんだけど、どう? 働きやすい環境だし、一緒に働いてみない?」と誘われたんです。

当時、フリーランスとして別の仕事も始めていたので、まずはアルバイトという形で2010年7月から働き始めました。半年ほどアルバイトとして働き、携わっていた製品にもっとコミットしたい思いが生まれたことと、シックス・アパートの居心地の良さが後押しとなり、希望して正社員になりました。

──どんなところに居心地の良さを感じたのでしょうか。
ひとつは、社内のメンバーが最新のインターネットやガジェット事情に詳しく、話していてとても楽しかったことです。

もうひとつは、必要に応じてリモートワークができる、柔軟な働き方です。当時から育児をしながら働く人が、男女問わずたくさんいました。実は前職でも、天候不良や子どものケアで出社が難しい時はリモートワークが認められていたので、働き方の変化を感じることなく転職できました。

──中学生の頃からリモートワークを視野に入れていたとおっしゃいましたね。
通信技術を活用して「好きな場所で働く」のが普通になる日がいつか来ると思っていました。シックス・アパートは2016年からフルリモートに移行しています。思い描いた理想の働き方ができるようになってうれしいです。

──なぜリモートワークを希望していたのですか?
もし自分の子どもが生まれたら、そばで様子を見ながら働きたいと思っていたんです。実際にやってみて、思っていたとおり、仕事をしながらも、学校から帰ってきた時の顔を毎日見ることができました。今はもう中学生と大きいので、そんなにべたべたしませんが…(笑)。

──リモートワークにはオンラインコミュニケーションが付き物です。長くリモートワークを経験されてきて、課題を感じることはありますか?
リモートワークで働くチームでは、ビジネスチャットなど業務ツールを使ったコミュニケーションが中心となります。言葉や画像で相手に伝わるよう丁寧に説明するのは多少手間ではありますが、関係者は誰でも、後から必要な情報を追えるという大きなメリットがあります。

一方で、リモートだと同僚が隣にいないから話しかけにくい、雑談が生まれにくいといったコミュニケーションの課題もよく話題になります。確かに、直接話した方が早いこともあるし、偶発的な会話から出てくるアイデアもとても大事です。それであれば、必要な時には集まる機会をつくればいいと思うんです。新入社員の場合は最初の1年間は週数回メンターとともにオフィスに出社するとか、全社員が集まる会を月に1回開催するとか、大事な会議の日は集合するとか。やり方はいろいろあります。

リモートワークとは、「毎日オフィスに全員が集まるのが前提の仕事の仕方」を「毎日全員が集まらなくても仕事が進む仕組み」に変えることだと思います。リモートワークが当たり前にできる社会に変わったのは素晴らしいことです。働き方の選択肢が増えたということですから。大切なのは、それが選択肢のひとつであると理解しておくこと。オフィスの方が気持ちよく働けるなら出社すればいいし、自宅の方が高いパフォーマンスを出せるならリモートワークをすればいい。足を痛めたならば、出社を控えて家で仕事をしてもいい。

自分の価値観や状況に合わせて働けるということは、社会全体の幸福度が上がることにつながると思うのです。新しいことを取り入れれば、新しい課題が生まれるのは当然です。それなら新しい解決策を見つければいい。働き方のフレキシブルさを利用すれば、解決策の選択肢も広がっていくと思います。

【この続きは、「advanced by massmedian」でご覧ください!:続きを読む】


【執筆者】advanced編集部

マスメディアンが運営するWebメディア「advanced by massmedian」では、「未来を面白くするヒントは“いま”にある」をコンセプトに、時代の一歩先で挑戦をする人々のキャリアや働き方についてお伝えしています。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

時短勤務、週4日以下の勤務など、柔軟な働き方ができるマーケティング・クリエイティブの求人情報を毎日更新中!