見出し画像

軽くて収納力のある、おすすめマザーズバッグ2種【ママクリ奮闘記】

働くママクリエイターが“本音”をつづる「ママクリ奮闘記」。仕事・子育て・家事・悩み……奮闘するワーママが日頃思っているあんなことやこんなことを、自由にお届けします!

軽くて収納力のある、おすすめマザーズバッグ2種

こんにちは、ライター・コラムニストのせきねみきです。息子は昨年から虫に目覚め、今はカブトムシの幼虫と蛹を育てているところです。これから夏に向けて、公園での虫捕りの機会が増えそうなので、両手が自由になるマザーズバッグ2種を新調しました。バックパックとショルダーバッグです。

写真左のバックパックは、「Herschel Supply (ハーシェルサプライ) 」というブランドの「Herschel Classic Backpack(XL)」。容量は30Lで荷物がたっぷり入れられ、ボトルポケットも付いているので、小さなお子さんのママにもおすすめできます。カラーバリエーションは28種類と豊富。マリンテイストでおしゃれな感じが気に入り、Navyをチョイスしました。内ポケットには13型のノートパソコンがすっぽり入るので、外で仕事をすることになった際にも使えそう。内側の生地は赤と白の細いストライプ。これも密かなお気に入りポイントです。

写真右のショルダーバッグは、「FREDRIK PACKERS(フレドリックパッカーズ)」が「UNITED ARROWS green label relaxing」のために別注した2WAYバッグ。5色展開で、私はMOCAを購入しました。今まで使っていたサコッシュはストラップが細く、荷物が重いと肩に食い込む感じがありましたが、こちらはまったく問題なし! 500mlのペットボトル、財布、虫よけスプレー、ハンドタオルなどを入れても、まだ余力がある収納力も魅力です。それなのに、見た目はコンパクトでスタイリッシュ。幼稚園のお迎え時は、最近このショルダーバッグ一択です。

どちらのマザーズバッグにも共通して言えるのは、バッグ自体が軽く、収納力があること。虫捕りの際は公園内をあちこち移動し、荷物を持ち続けていないといけないので、軽さ・収納力ともにはずせないポイントです。価格はそれぞれ送料込みで7000円台。いいお買い物ができたと思っています。


【執筆者】せきねみき

兵庫県神戸市出身。新卒から勤めていた新聞社を退職後、フリーのライター・コラムニストに。カレーと電車とラグビーをこよなく愛する2児の母。嫉妬(しっと)するほど料理上手な夫と協力しながら、子育てと仕事のバランスを模索中。
<連載コラム>『ママクリ奮闘記』(毎週更新)
<ホームページ>https://sekinemiki.themedia.jp/

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

時短勤務、週4日以下の勤務など、柔軟な働き方ができるマーケティング・クリエイティブの求人情報を毎日更新中!