見出し画像

部屋で子が泳ぐプールの前の夜【ちょっと一息、ママクリ川柳】

仕事に家事に育児に追われ、忙しい毎日を送る皆さん、今日もお疲れさまです。いろいろ大変な時代で、息抜きひとつするのも難しい日々ですよね。そこで、ちょっと皆さんが一息つけるような川柳コンテンツをこちらにご用意してみました。お茶でも飲みながら、リラックスしてご覧くださいね。

部屋で子が泳ぐプールの前の夜

だんだん蒸し暑くなってきましたね。いよいよプールの季節、水泳の授業を楽しみにしているお子さんも多いのではないでしょうか。

わが子は、特に泳ぎが得意という訳ではないもののプールが好きで、新しいゴーグルをつけたまま宿題をしたり、お風呂にゴーグルを持ち込んだり、布団の上で泳ぐ練習をしたりと、プール開きの前からわくわくしている様子でした。

しかし、プール開き直前になって学校から突如プールが使用できないとのお知らせが……。設備の老朽化による故障が発覚し、しばらく延期とのこと。昨今、設備の老朽化、少子化、教員の負担、維持・修繕費用の負担などが原因となり、学校からプールがなくなりつつあるというニュースは見かけていたのですが、まさかうちの子の学校でプール開き直前に延期になってしまうとは……。

時代と共に学校での水泳学習のあり方が見直されつつあり、老朽化した学校のプールを使用せずに民間のプールを利用するなど、各地でさまざまな対応がなされているようですね。私の個人的な意見としては、学校の設備でなくても構わないので、水の中で自分の身を守れるくらいの、最低限の水泳教育は義務教育で継続してもいいのではないかと考えています。

去年に引き続き、今年の夏も厳しい暑さが予想されていますね。熱中症や水難事故に注意しつつ、この夏、子どもを海やプールなどに連れて行ってあげたいと思っています。


【執筆者】友常 甘酢(ともつね あまず)

研究開発職からフリーライターへ転身した小学生と中学生の母。毎日歌壇賞、読売広告大賞等を受賞。短歌や川柳にも興味を広げつつ、苦手な運動の習慣化を目指して努力中。
<X(旧Twitter)>@azukicreamcup
<HP>https://yuko-ejima.amebaownd.com/

この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

時短勤務、週4日以下の勤務など、柔軟な働き方ができるマーケティング・クリエイティブの求人情報を毎日更新中!