見出し画像

“好き”の延長線上で魅力的な仕事をしている人にインタビュー『広告界就職ガイド2025』【ママクリ奮闘記】

働くママクリエイターが“本音”をつづる「ママクリ奮闘記」。仕事・子育て・家事・悩み……奮闘するワーママが日頃思っているあんなことやこんなことを、自由にお届けします!

“好き”の延長線上で魅力的な仕事をしている人にインタビュー『広告界就職ガイド2025』

こんにちは、ライター・コラム二ストのせきねみきです。今年1月に登場した『広告界就職ガイド2024』に続き、最新刊『広告界就職ガイド2025』の取材・ライティングを担当しました。

『広告界就職ガイド』は、広告業界を目指す人の就職活動をサポートする書籍で、創刊から30年以上の歴史があります。広告業界の面白さや幅広さ、職種ごとの仕事内容などが、この1冊でわかると好評です。

11月13日に発売の『広告界就職ガイド2025』(定価1870円、宣伝会議発行/マスナビ編集部編)

いま広告会社でチャレンジできる仕事内容は、驚くほど多岐に渡ります。文系のイメージが強い業界ですが、理系出身者が活躍できるポジションも年々増えています。2025年版は、例年より2カ月近く早い発売となりました。これは、自身のやりたいことを実現するステージとして、広告業界も選択肢のひとつに加えてほしいという編集部からのメッセージだと捉えています。

私が今回インタビューを行ったのは、“銭湯プロデューサー”博報堂ケトル・村山佳奈女さん(P20~23)、“ナカノヒト”電通・長谷川輝波さん(P24~27)、“脚本ライター”読売広告社・糠塚まりやさん(P70~73)、“SF監督”東北新社・小林洋介さん(P74~77)、“アニメプロデューサー”太陽企画・大内まさみさん(P78~81)の5名。

すべての取材に共通して感じたのは「“好き”という熱量があれば、広告の仕事を通じてどんな肩書きでもつくれる」というメッセージです。お話を伺った全員が、広告という枠に捉われず、“好き”の延長線上で魅力的な仕事を体現していることに胸を打たれました。詳細は、書籍を手に取ってご覧いただければうれしく思います。


【執筆者】せきねみき

兵庫県神戸市出身。新卒から勤めていた新聞社を退職後、フリーのライター・コラムニストに。カレーと電車とラグビーをこよなく愛する2児の母。嫉妬(しっと)するほど料理上手な夫と協力しながら、子育てと仕事のバランスを模索中。温泉ソムリエ&子育て支援員
<連載コラム>『ママクリ奮闘記』(毎週更新)
<ホームページ>https://sekinemiki.themedia.jp

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

時短勤務、週4日以下の勤務など、柔軟な働き方ができるマーケティング・クリエイティブの求人情報を毎日更新中!