見出し画像

子の名札外しつつ聞く「ママ、あのね」【ちょっと一息、ママクリ川柳】

仕事に家事に育児に追われ、忙しい毎日を送る皆さん、今日もお疲れさまです。いろいろ大変な時代で、息抜きひとつするのも難しい日々ですよね。そこで、ちょっと皆さんが一息つけるような川柳コンテンツをこちらにご用意してみました。お茶でも飲みながら、リラックスしてご覧くださいね。

子の名札外しつつ聞く「ママ、あのね」

皆さんのお子さんは帰宅後、園や学校であったことをよく話してくれますか? 上の子は大きくなるにつれ、次第に自分からは話さなくなりました。これも成長ですよね。ですので、ときどきさりげなくこちらから聞いています。家族よりお友だちとのやり取りが増えてきて、いろいろ心配もありますが、上の子が段階的に自立できるよう日々見守っています。

下の子はまだ小さく、自分から今日あったできごとをよく話してくれます。たくさん話してくれるので、聞ききれないほどです(笑)。家事をしながら聞いていると、半分聞いていないときも正直なところありまして、「ママ、私の話ちゃんと聞いてる?」と言われてしまうことも。忙しさにのみこまれてしまうと、子の話にしっかり耳を傾けることができないときもありますよね。

でも、下の子がこうして身振り手振りを交えて「ママ、あのね!」と夢中で話してくれるのも、きっとあと2~3年ほどでしょう。この帰宅後の親子の会話時間は、俯瞰してみると一瞬で、永遠ではないのだなと、ふと思ったりします。さあ、今日も汗びっしょりで下の子が帰ってきたら、服から名札を外しつつ、話に耳を傾けてみようと思います。

【執筆者】友常甘酢(ともつね・あまず)

研究開発職からフリーライターへ転身した小学生と中学生の母。毎日歌壇賞、読売広告大賞等を受賞。短歌や川柳にも興味を広げつつ、苦手な運動の習慣化を目指して努力中。
<Twitter>@azukicreamcup
<HP>https://yuko-ejima.amebaownd.com/


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

時短勤務、週4日以下の勤務など、柔軟な働き方ができるマーケティング・クリエイティブの求人情報を毎日更新中!