見出し画像

1歳児も大好物! 「辛くない麻婆豆腐」の簡単レシピ【ママクリ奮闘記】

働くママクリエイターが“本音”をつづる「ママクリ奮闘記」。仕事・子育て・家事・悩み……奮闘するワーママが日頃思っているあんなことやこんなことを、自由にお届けします!

1歳児も大好物! 「辛くない麻婆豆腐」の簡単レシピ

こんにちは、ライター・コラム二ストのせきねみきです。食欲の秋到来ですね。今回は、小2の長男&1歳の次男が大喜びで食べる「辛くない麻婆豆腐」のオリジナルレシピを紹介します。あえて味付けを薄めにしているので、幼児食としておすすめです。暗記できそうなほど(!?)分量も手順もシンプルなので、ぜひトライしてみてください!

※写真はイメージです

●材料(大人2人分)
豚ひき肉(鶏ひき肉でもOK):100g程度
木綿豆腐(絹豆腐でもOK):1丁(300~400g目安)
長ねぎ:10cm程度
にんにく:1かけ
しょうが:1かけ
ごま油:大さじ1
仕上げ用ごま油:大さじ1
水溶き片栗粉:好みで適量
青ねぎ・ラー油・さんしょう(大人用):好みで適量

★合わせ調味料
テンメンジャン:大さじ1
料理酒:大さじ1
しょうゆ:大さじ1
水:200cc

●手順(所要時間:約15分)
1. ★の合わせ調味料をあらかじめ混ぜ合わせておく
2. 長ねぎ、にんにく、しょうがをみじんぎりにする
3. 豆腐は食べやすい大きさ(2cm角目安)に切る
4. フライパンにごま油を引いて中火で熱し、しょうが、にんにくを入れて香りを出す
5. ひき肉を入れて火が通ったら、長ねぎを入れて軽く炒める
6. ★の合わせ調味料を入れ、煮立ったところで豆腐を入れる
7. 再度グツグツしたらごま油を回し入れ、好みで水溶き片栗粉でとろみをつけて完成

豆腐は水切りも下ゆでもしません(時短のため&面倒で……笑)。子ども向けに薄味にするため、鶏ガラスープの素は使いませんが、それでも十分味はまとまります。テンメンジャンがない場合、みそ(プラス少量の砂糖を入れても)で代用OKです。

とろみをつけず、絹豆腐を使うのがわが家の定番スタイルです。私は自分のお皿に取り分けた後、青ねぎの小口切りをトッピング。さらにラー油をひと回ししてミルでひいたさんしょうをかけ、好みの味にアレンジしています。もれなくごはんにもビールにも合いますよ!


【執筆者】せきねみき

兵庫県神戸市出身。新卒から勤めていた新聞社を退職後、フリーのライター・コラムニストに。カレーと電車とラグビーをこよなく愛する2児の母。嫉妬(しっと)するほど料理上手な夫と協力しながら、子育てと仕事のバランスを模索中。温泉ソムリエ&子育て支援員
<連載コラム>『ママクリ奮闘記』(毎週更新)
<ホームページ>https://sekinemiki.themedia.jp


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

時短勤務、週4日以下の勤務など、柔軟な働き方ができるマーケティング・クリエイティブの求人情報を毎日更新中!