見出し画像

在宅勤務時のメイク事情【ママクリ奮闘記】

働くママクリエイターが“本音”をつづる「ママクリ奮闘記」。仕事・子育て・家事・悩み……奮闘するワーママが日頃思っているあんなことやこんなことを、自由にお届けします!

在宅勤務時のメイク事情

こんにちは、ライター・コラムニストのせきねみきです。みなさんは在宅勤務の日にメイクをしますか? 次男出産後、私は完全在宅でライティング&編集の仕事をしているので、外出しない日はメイクをせずに一日過ごすこともありました。しかし、この春からはそうもいかなくなりまして……。自宅が長男の通う小学校の通学路に面しているため、朝のお見送りの際、お母さん方や子どもたちと挨拶をするようになったのです。

ただでさえ幼稚園時代より1時間前倒しのスケジュールでバタバタしているのに、朝10分程度メイクの時間を捻出するのは地味にきつい(笑)。最近は、朝5時台に次男が腹ぺこで泣くと「早めに起こしてくれてありがとう!」と思うようになりました。

時短で仕上げる日のルーティンは化粧下地、パウダー、眉(パウダー&ペンシル)、アイシャドー、アイライナー。マスクで見えないので、チークとリップは余裕があるときだけつけます。外出する日は、パウダーの前にファンデーションでしっかりカバー。マスカラを塗り、気分次第で仕上げにハイライトを乗せることも。

毎年春になると、無性にカラフルなコスメを買いたくなります。最近購入したお気に入りは、CANMAKEの『マシュマロフィニッシュパウダー ~Abloom~』。テレビCMを見かけた方もいるかもしれません。

写真左がディアレストブーケ、右が新作のサクラチュール(各色1034円)

『ディアレストブーケ』は5色の補正カラーの組み合わせで、肌のトーンアップ効果が期待できます。『サクラチュール』はやさしいピンク系のカラーが血色感をプラス。色合いが春らしく、見ているだけで気分が上がります。どちらのカラーも、混ぜて肌全体に乗せるもよし、単色をポイント使いもよし。つけ心地はさらっとしていて気持ちよく、さらにプチプラとうれしいことずくめ。リピート確実のアイテムです。


【執筆者】せきねみき

兵庫県神戸市出身。新卒から勤めていた新聞社を退職後、フリーのライター・コラムニストに。カレーと電車とラグビーをこよなく愛する2児の母。嫉妬(しっと)するほど料理上手な夫と協力しながら、子育てと仕事のバランスを模索中。
<連載コラム>『ママクリ奮闘記』(毎週更新)
<ホームページ>https://sekinemiki.themedia.jp/

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

時短勤務、週4日以下の勤務など、柔軟な働き方ができるマーケティング・クリエイティブの求人情報を毎日更新中!