見出し画像

証明写真を瞬く間に作成できる「無料の神アプリ」【ママクリ奮闘記】

働くママクリエイターが“本音”をつづる「ママクリ奮闘記」。仕事・子育て・家事・悩み……奮闘するワーママが日頃思っているあんなことやこんなことを、自由にお届けします!

証明写真を瞬く間に作成できる「無料の神アプリ」

こんにちは、ライター・コラム二ストのせきねみきです。子どもの証明写真の撮影、みなさんはどうしていますか? 私が前回子どものパスポートのために撮影をしたのは、かれこれ8年ほど前のこと。長男が0歳でまだハイハイする前だったので、自力で難なく撮影できました。白いバスタオルの上に赤ちゃんをあお向けに寝かせ、真正面を向いた瞬間を狙ってカメラのシャッターをひたすら切っていた記憶があります。

※写真はイメージです

今回は8歳と2歳、2人分のパスポート用写真を準備しなければなりませんでした。特になかなか言うことを聞かない次男の撮影は、手こずりそうな予感……。写真館での撮影も一瞬頭をよぎりましたが、お金も時間もかかります。駅ナカなどにあるスピード写真機での撮影だと、次男は厳しそう。そこで子育て中の友人に相談したところ、「証明写真アプリがおすすめ! 無料のもので問題ないから試してみて」とのアドバイスをもらいました。

早速調べてみると、無料でダウンロードできる証明写真用のアプリが複数見つかり、使い勝手がよさそうなものを厳選して夫と試してみました。その結果、わが家で圧倒的に使いやすいという結論に達したのが「美肌証明写真」です。App Storeでダウンロードできます。

「美肌証明写真」の何が優れているかというと、正面を向いて撮影できた写真を後でアプリに取り込み、アプリ上に表示された顔の大きさのラインに合わせて画像を保存するだけで証明写真が完成する点です。なにげなく撮った写真が、証明写真に早変わり!

iOS15以降のバージョンでは、自動で背景色を変更できるため、取り込む写真の背景を気にする必要もありません。アプリ上で画像保存する際、ホワイトやブルーなどに加工できます。

背景はホワイトをチョイス(顔の一部を加工しています)

印刷はコンビニであっという間にできるので、何から何まで本当に楽です。私はセブン-イレブンで印刷しました。Lサイズのフォト用紙1枚に証明写真3枚分がプリントされ、コストはたったの40円。アプリの存在を教えてくれた友人には感謝してもしきれません……!  パスポートを受け取った後、浮いた(?)お金で家族とお寿司ランチを楽しみました。


【執筆者】せきねみき

兵庫県神戸市出身。新卒から勤めていた新聞社を退職後、フリーのライター・コラムニストに。カレーと電車とラグビーをこよなく愛する2児の母。嫉妬(しっと)するほど料理上手な夫と協力しながら、子育てと仕事のバランスを模索中。温泉ソムリエ&子育て支援員
<連載コラム>『ママクリ奮闘記』(毎週更新)
<ホームページ>https://sekinemiki.themedia.jp

この記事が参加している募集

#おすすめアプリ

3,559件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

時短勤務、週4日以下の勤務など、柔軟な働き方ができるマーケティング・クリエイティブの求人情報を毎日更新中!