見出し画像

泉質だけじゃない! 「東京豊洲 万葉倶楽部」で感激した3つのこと【ママクリ奮闘記】

働くママクリエイターが“本音”をつづる「ママクリ奮闘記」。仕事・子育て・家事・悩み……奮闘するワーママが日頃思っているあんなことやこんなことを、自由にお届けします!

泉質だけじゃない! 「東京豊洲 万葉倶楽部」で感激した3つのこと

こんにちは、ライター・コラムニスト・温泉ソムリエのせきねみきです。2月1日にオープンしたばかりの「豊洲 千客万来」に家族4人で行ってきました。『ガイアの夜明け』や『ヒルナンデス!』などのテレビ番組で紹介され、話題になっている商業施設です。わが家の目当ては温浴施設「東京豊洲 万葉倶楽部」。宿泊もできますが、今回は日帰りで伺いました。

朝10時から深夜3時までの利用料金は、中学生以上3850円(別途入湯税150円)、小学生2000円、3歳~未就学児1400円。浴衣または作務衣・バスタオル・タオルがついているので、手ぶらで気軽に行けます。なお、2歳以下は無料ですが、オムツの取れていない子どもは大浴場の利用ができません(別料金で貸し切り家族風呂あり)。

わが家は8歳の長男と2歳の次男という家族構成につき、先に夫&長男が温泉に入り、その間次男と7階のキッズルームで待つことにしました。

遊具の利用は10歳まで。手前の青いスペースはトランポリン、奥にはすべり台も

このキッズルームは追加料金なしで利用できます。無料とは思えない充実ぶりに、驚きを隠せません……! 遊具以外にもBRIOのおもちゃなどがたくさんあり、次男は電車のおもちゃとトランポリンに夢中。飽きずにもくもくと遊んでくれたおかげで、温泉に入る前からリラックスできました。

さて、肝心の温泉ですが、箱根温泉・湯河原温泉の2種類を専用トレーラーで毎日運んできているそうです。東京湾を眺めながら、体の芯からポカポカと温まる美肌の湯を堪能しました。また、洗い場の一部のシャワーヘッドがなんとミラブルのものでした(洗い場の手前、奥にそれぞれ5カ所ほどあったと記憶しています)。きめ細かなミストをたっぷり浴びて大満足!

心残りは、万葉倶楽部を利用した人だけが入れる最上階の360度パノラマビュー「展望足湯庭園」に行けなかったこと。退館後に、目利き横丁で注文した串焼きが焼きあがるのを待つ間、誰でも無料で利用できる8階の足湯スポット「千客万来足湯庭園」へ少しだけ立ち寄ることにしました。

ライトアップされたレインボーブリッジがきれいに見えました

本当に無料でいいの?と思うほどのロケーション! 「豊洲 千客万来」に行くことが決まっているなら、はずせないおすすめスポットです(足をふくタオルを持って行くといいですよ)。

キッズルーム、ミラブルの高級シャワーヘッド、そして足湯。「東京豊洲 万葉倶楽部」では、こだわりの泉質に加えて、この3つが印象に残りました。昨年本コラムで紹介した、都心からすぐ行ける! 泉質重視の「日帰り温泉」の4カ所目としてリストアップしたいと思います。

「東京豊洲 万葉倶楽部」
https://tokyo-toyosu.manyo.co.jp/


【執筆者】せきねみき

兵庫県神戸市出身。新卒から勤めていた新聞社を退職後、フリーのライター・コラムニストに。カレーと電車とラグビーをこよなく愛する2児の母。嫉妬(しっと)するほど料理上手な夫と協力しながら、子育てと仕事のバランスを模索中。温泉ソムリエ&子育て支援員
<連載コラム>『ママクリ奮闘記』(毎週更新)
<ホームページ>https://sekinemiki.themedia.jp

この記事が参加している募集

#至福の温泉

4,638件

#一度は行きたいあの場所

54,701件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

時短勤務、週4日以下の勤務など、柔軟な働き方ができるマーケティング・クリエイティブの求人情報を毎日更新中!