見出し画像

育児疲れを癒やしてくれる出張整体 ~2人目育児あるあるVol.3~【ママクリ奮闘記】

働くママクリエイターが“本音”をつづる「ママクリ奮闘記」。仕事・子育て・家事・悩み……奮闘するワーママが日頃思っているあんなことやこんなことを、自由にお届けします!

育児疲れを癒やしてくれる出張整体 ~2人目育児あるあるVol.3~

こんにちは、ライター・コラムニストのせきねみきです。今回お届けするのは「2人目育児あるあるシリーズ」の第3弾。2人目の育児となると、兄弟2人の面倒を見なければいけないので、1人目の育児と比べて体力&気力が激しく消耗します。赤ちゃん1人の育児に専念していたころより自分自身が年齢を重ねているのもあるかと思いますが、回復するための“自分へのごほうび”はマストです。私の場合は、月に1度の整体でリフレッシュ。0歳児の次男を連れて外で施術を受けるのはハードルが高いため、隣の区に住む整体師の方に自宅まで来てもらっています。

そもそも出張整体を利用した理由は、産後の骨盤矯正が目的でした。私より1年ほど前に出産した友人から「産後に骨盤矯正をしたら、妊娠前に入らなくなっていたデニムが履けるようになった! 整体師さんに自宅まで来てもらうと楽でいいよ」という話を聞いたのがきっかけです。その友人がお世話になっていた方を紹介してもらい、トコちゃんベルトを使いながら骨盤ケアを続けること約6カ月。妊娠前よりサイズダウンとはいかなかったのですが、妊娠前と同じサイズのボトムが入るようになりました。

その後は、疲労回復を目的としたツボ押しメインのマッサージをお願いしています。赤ちゃんの抱っこで肩や腰が張っているだけでなく、日々のパソコン作業で眼精疲労が蓄積しているようで、どこを押されても詰まっている感じがします……。ハイハイやつかまり立ちをするようになった次男は、私の上に乗ってマッサージのまねをするように。そのしぐさはかわいいのですが、ツボを押すわけではなく、ひたすら全体重をかけてくるのが悩みです(笑)。

現在認可保育園の申し込みをしていますが、0歳児枠の空きが出ず、待機児童の状態です。次男が無事保育園に入れるまで、引き続き出張整体を利用するつもりでいます。

■こちらの記事は続きがあります
離乳食づくりが手抜きに ~2人目育児あるあるVol.4~


【執筆者】せきねみき

兵庫県神戸市出身。新卒から勤めていた新聞社を退職後、フリーのライター・コラムニストに。カレーと電車とラグビーをこよなく愛する2児の母。嫉妬(しっと)するほど料理上手な夫と協力しながら、子育てと仕事のバランスを模索中。
<連載コラム>『ママクリ奮闘記』(毎週更新)
<ホームページ>https://sekinemiki.themedia.jp/

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

時短勤務、週4日以下の勤務など、柔軟な働き方ができるマーケティング・クリエイティブの求人情報を毎日更新中!